TOTO・LIXIL・KVK 国内水栓のシェア率が高いであろう3社のサーモスタットシャワー水栓をそれぞれお取り付けさせていただいたので写真で少しばっかり比べてみようかと・・・

最近まで当店の常時在庫はTOTO製でしたが10月から値上げもありLIXIL製にところどころ乗り替えました。

それではご紹介

Before MYM 下げ吐水 ハンドル無し。

シングルレバー水栓からサーモスタット水栓へのお取替えご依頼です。今でもシングルレバーシャワー水栓ありますがサーモスタットタイプが主流ですね。

After TOTOサーモシャワー水栓 TBV03401J

TOTOのこだわり。取付脚部のナット仕様が他社と違い他社製の脚部を利用しての取付不可

(基本的に脚部もセット商品なのでお取替えしますが、ごくごく希に既存の脚部が外れない事があります)

O様ありがとうございました!

TOTO、やはりネームバリューは強いんです。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Before 水の止まりが悪くなりお取替えのご依頼です。

After LIXILサーモシャワー水栓 BF-WM145TSG

LIXILのこだわり。温度調節ハンドルの回転方向がTOTO・KVKと逆で奥に回すと冷たくなり、手前に回すと温かくなる。どちらがという訳ではないが小さな意地の張り合い的なものがあったりなかったり。

I様ありがとうございました!

写真には写っていませんが取付脚部のデザインがかっこいい。

 

Before メタルホースに多機能ヘッド。正直重たいっす!

After KVKサーモシャワー水栓 FTB100KT

KVKのこだわり。サーモスタットシャワー水栓だけであまりにも多すぎるデザインとラインナップ。どの商品が一般的なグレードなのかわかりづらい。

スライドレールタイプのシャワーフックの場合、既設と同メーカーでお取替えした方がヘッドを収めたときのしっくり感がいいのでKVKをオススメ。

S様ありがとうございました!

角形の本体はハンドルを回しずれている状態がモヤモヤする。